2017年01月27日

1月26日

2017年1月26日、朝9時より、ドキュメンタリー映画「かけはし」のプロデュースと製作を共にしてきたしげ兄(伊藤茂利)さんの手術が行われるため、妹さんと一緒に病院へ向かいました。


皆様からたくさんの励ましと応援をいただき、お陰様で手術を無事終えることができました。しげ兄さんの回復を一緒に祈ってくださった皆様に改めて心より深く感謝申しあげます。本当にありがとうございました。


術後の回復に向けて、静養がまだまだ必要と思いますが、危機一髪のところで命を救っていただき、この度の手術を無事終えました。お世話になった先生方や看護婦さん、応援してくだっさった皆様に、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


昨日の1月26日は、手術を終え麻酔から覚めるまでを見守った後、ドキュメンタリー映画「かけはし」の2月公開に向けて、スヒョンさんの母校である赤門会日本語学校へ。


スヒョンさんのご両親へのマスコミの方々のインタビューを終えてた後、新大久保駅での献花へ向かいました。

16266048_1250385171711446_7636752209351651702_n.jpg


新大久保駅のホームから転落した方を救おうとしたカメラマンの関根さんと留学生だったスヒョンさんが共に帰らぬ人となった事故から昨日の1月26日で16年目を迎えました。昨日は、森本康敬在釜山総領事もいらして献花されていました。

16195592_1250468755036421_5653331041003866471_n.jpg

16195946_1250468745036422_9161156123347601212_n.jpg



ご両親は、毎年必ず1月26日には来日され、新大久保駅での献花に来日されています。
「スヒョンさんに会いに来る」のだといいます。そして、スヒョンさんの夢だった「かけはし」となる夢を持って日本に留学しているアジアの若者たちを支援されながら16年という年月がたちました。

16143185_1250468731703090_1370012854930682084_n.jpg

16266119_1250468748369755_7317743236795643495_n.jpg


この16年に渡るご両親の地道な活動を見てきた一人として、その思いを伝えたいと願い、この度のドキュメンタリー映画「かけはし」の製作をスタートしました。昨年末のゼロ試写会でご両親をお迎えして特別試写を行わせていただき、今年2月より渋谷アップリンクより劇場公開がスタートします。


また昨日は、先日緊急入院となったこの映画を共にプロデュースしてくれたしげ兄(伊藤茂利)さんの手術の日でもありました。ご両親様と共に、スヒョンさんが大好きだった富士山への登山に同行し、登山後には一緒にお風呂に入りながら、「言葉が通じなくても、心で分かり合えるって素敵だね!」と語っていたしげ兄の言葉がとても印象的でした。


2001年1月26日、新大久保駅での事故でスヒョンさんが亡くなられた後、ご両親は深い悲しみの中で、生前「日韓のかけはしになりたい」と言っていた息子の遺志を継ぐため、受け取った弔慰金を寄付され、関係者の方々と共にアジアからの日本語学校生を支援する特定非営利活動法人LSHアジア奨学会を設立されました。


それ以前から、ずっと異文化交流をテーマとしたお仕事を長くしておりましたが、スヒョンさんの通っていた学校は、毎年秋に開催していた50カ国5000人の「日本語学校語学留学生の祭典」の参加校でもありました。ご両親をはじめ関係者の皆様の活動を微力ながらお手伝いさせていただきながら、これまで深い感動と感謝を感じてきた一人として、スヒョンさんが私たちの心に遺してくれたものを伝え、母国と日本の架け橋になることを夢見てやってきた留学生を応援していく映画となっていくよう、一つ一つの上映会に心をこめて、日本全国での「かけはし」上映を行なっていきたいと思っています。


しげ兄さんとは2010年から「いのちの音色」ライブや、映画製作など、一緒にお仕事をさせていたく機会をいただきましたが、留学生支援のオープンマイクの企画運営や、スヒョンさんの頭文字をとって名付けられた特定非営利活動法人LSHアジア奨学会の授与式のお手伝い、ミューズの里の冠奨学金として芸術方面に進学する日本語学校生の支援、1月26日の命日に行われた朗読と演奏や、スヒョンさんの母校の学生と共に富士山頂を目指すピース登山など、留学生支援のプロジェクトをこれまで一緒に行ってきました。


しげ兄さんの手術が、1月26日に決まった時、天国からスヒョンさんが見守ってくださっているような気がして、とても安心した気持ちになりました。



新大久保駅での献花の後、妹さんが付き添っておられるしげ兄さんの病室にもう一度様子を見に伺いました。


発熱と痛みで、とても苦しそうにされていましたが、病気を克服していく道のりの苦しみを受け入れながら、そして、皆様からたくさんの励ましのお言葉に感謝しながら、生きることに立ち向かっていました。


病を克服し、これから奏でられるしげ兄のいのちの音は、きっとより一層皆様の心に響く音色となっていくことでしょう。




「いのち」について深く考えさせられた1月26日でした。



ドキュメンタリー映画「かけはし」
(企画・製作・主題歌・プロデューサー:中村里美)





posted by かけはし at 08:27| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする