2017年02月19日

小池崇子さんと共に、韓国文化院に伺わせていただきました〜!

16649458_1271293859620577_2645604070977234095_n.jpg
▲統括プロデューサーの中村里美と、支援者の小池崇子さん


30年前、アメリカの学校や教会で日本文化紹介と共に原爆フィルム「にんげんをかえせ」上映を行う日米協力草の根ボランティア活動「NAC(ネバー・アゲイン・キャンペーン)」の第1期生として渡米しました。その時の審査員の一人が陶芸家としてもご活躍されている小池崇子さん。振り返れば、アメリカで被爆者のメッセージを伝えた活動は、私の人生の原点となる体験でもあります。そして、そのきっかけを作ってくださったお一人が小池崇子さんです。


帰国後、私は異文化相互理解への関心を深め、異文化交流の雑誌やプロジェクトの仕事をしていましたが、その頃も、小池さんはいつも応援してくださいました。


そして、アオギリの語り部と呼ばれた被爆者の沼田鈴子さんをモデルとした初のプロデュース作品「アオギリにたくして」をずっと応援してくださり、昨年アメリカ6箇所での試写会を「ネバー・アゲイン・キャンペーン」代表の平和学者レイスロップご夫妻と共に企画してくださいました。


先日、2月より東京・アップリンクにて劇場公開となった第二作目となるドキュメンタリー映画「かけはし」を小池さんが観に来てくださいました。そして、さっそく韓国大使館 韓国文化院にご連絡を入れてくださり、2月16日にご一緒にご挨拶に伺わせていただきました。


16729408_1271293886287241_3408361014695054159_n.jpg


韓国文化院様でも、試写会に向けてご検討いただいています。心より感謝申しあげます〜!


16729523_1271293876287242_898902827445556867_n.jpg
16730683_1271293879620575_1361234421128920316_n.jpg
▲韓国文化院にある市澤静山さんの作品


そして、韓国文化院でのお話の後は、小池さんのお友達で私たちの活動も応援してくださっている世界を舞台に活躍されてきたランドスケープアーキテクトの上山良子先生のご自宅に一緒にお伺いさせていただきました。


美しい夜景と美味しいお食事に感激❗
久々のリフレッシュ〜🎵
本当にありがとうございました〜!!

16730512_1271358929614070_5030451257761714398_n-1.jpg
posted by かけはし at 11:23| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする